読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshida's blog

京都で税理士をしている吉田貢のブログです。

細マッチョ


私はここ数年間、スポーツジムに週2回通い筋トレをしています。その歴史を振り返ると

  • 2年半前

長年吸っていたタバコをやめたら見る見るうちに太りだし体重73キロ体脂肪率26%となり、これはまずいと思い事務所のそばに出来たスポーツジムに通い出す。

  • 1年半前

スポーツジム通いの外に休日に自転車に乗り食事制限・節酒も行った結果、体重は65キロ体脂肪率18%となり当初の減量という目標をクリア。筋肉もまずまずついた。

  • 1年前

ジム通いも少しマンネリ化してきたので、パーソナルトレーナーの方に本格的な筋トレのメニューを組んでもらう。筋肉を増やすため食事制限は止める。

  • 現在

筋トレを地道に1年間続けた結果かなり筋肉がついたが同時に脂肪も増えた。現在体重71キロ体脂肪率20%。


ところが最近、筋トレをしてもほとんど身体に変化が起きなくなり停滞気味になってきました。ウエイトは徐々に重たくしていってますし、筋肉痛がしっかりするぐらいの負荷でトレーニングをしていても余り変化が起きなくなって筋トレに対して少しモチベーションが下がっています。

そんなところにターザンの先月号の特集が「細マッチョ」で気になったので購入しました。

最近は「細マッチョ」がもてるようで、テレビでも「細マッチョ」がかっこよく、筋肉ムキムキの人を「ゴリマッチョ」といって少し馬鹿にしたようなCMが流れています。
このターザンの特集を読むと「細マッチョ」の定義は結局よくわかりませんが、「あれ、これって1年半前の俺やん」ということに気がつきました。

筋トレをしていて思うのですが、「ゴリマッチョ」になるにはものすごい労力と素質、そしてサプリメントにかかる費用が必要です。おそらく私が取り組んでもとてもじゃないけど「ゴリマッチョ」にはなれません。

また「細マッチョ」になるためには、体脂肪率を下げて腹筋が割れて見えるようにならないと「細マッチョ」として認めてもらえないようです。それは私にとってはもう一度食事制限と節酒という結構つらい行為がまた必要です。またここ1年程がんばって増やした筋肉を落としたくないし、現時点では「細マッチョ」には余り取り組む気になりません。

結局「ゴリマッチョ」でも「細マッチョ」でもない中途半端なポジションで今後も筋トレをしていくと思います。