読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshida's blog

京都で税理士をしている吉田貢のブログです。

とある弁護士事務所の電話対応

このところ顧問先の税務調査が立て続けにあったりして仕事が忙しく、ブログを書く時間がなく気がつけば1ヶ月も更新していませんでした。もう少し頑張って書こうと思います。

昨日ある顧問先に行っていた時の話ですが、その顧問先にとある弁護士事務所から、取引先の自己破産に関する書類が来ていました。
何点かわからないことがあったのでその弁護士事務所に確認の電話を入れると、担当弁護士が外出中との事でしたのでこちらの用件を伝えようとしたところ、その電話に出た女性が「担当弁護士じゃないとわかりませんので・・・」と言い6時以降に帰って来ますとのと事。

仕方なく6時以降に電話したところ電話に出た女性が「只今、所内会議に入って・・・」との事でしたので、再度用件を伝えようとしたところ同じく「担当弁護士じゃないとわかりませんので・・・」との事。

若干、いらっとして「じゃあどうすればいいんですか?」と聞くと、「こちらから電話します。」との事。
私もほとんど外出していることが多いので、とりあえず自分が事務所にいる時間を散々考えて「じゃあ○日の○時に電話下さい。」といって電話を切りました。

数人の弁護士のいる事務所のようですが、こんな電話対応で大丈夫かとこちらが心配になりました。

そういえば私が知っているとある弁護士が10人ほどいる弁護士法人も「○○先生いますか?」と電話すると、「しばらくお待ち下さい。担当の者と替わります。」とその弁護士の専任の女性事務員に電話を廻され、その女性事務員から先生の不在を聞くと「おいおい、いないなら最初から言ってくれ。」と思ってしまいます。

どうも多人数の弁護士が在籍する弁護士事務所はどこも情報の共有が出来ていないように思います。

手前味噌ですがうちの事務所ではグループウエアで全員のスケジュールを共有しており、電話を受けると「誰々は何時に帰社します。明日は何時から何時までなら事務所に居ります。」とすぐに返事が出来ますし、用件を聞いて担当者の携帯電話にメールしたり、急ぎであれば○○様に電話して下さいとこれもメールで連絡がありますのですばやい対応が可能です。
またワンフロアでやっているのもありますが、誰がどんな仕事をしているかとか、お客様の情報も結構共有できています。

なんか多人数の弁護士事務所は、各弁護士が所内で独立して業務を行っているようなところがあり、情報の共有がほとんど出来ていないように感じます。
まあそれはその事務所の勝手でしょうからいいとしてもせめて電話対応をまともにして欲しいですね。